福祉まちづくり建築士です

このたびの台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。


さて、創建では津川社長とワタシ寺下が「福祉まちづくり建築士」(福まち建築士)としても活動しています。

「福祉まちづくり建築士」(福まち建築士)とは 建築士会所属の建築士で、

他職種と連携して、地域で高齢期に対応した住まいの 相談に応じることができるよう

研修をしながら活動している建築士。

福祉まちづくり研修修了者で建築士会会⾧が任命する者。

            (※福まち建築士チラシより)

高齢期になっても、住み慣れた住まいで安心・安全に暮らし続けることができるように・・・

その為に、建築士の知識を生かした住宅改修のアドバイスができるように

福祉用具や介護保険、その他専門的な講習を受けた建築士で構成されています。

チラシ_page-0001

チラシ_page-0002


各務原市の広報最新号(2019年10月15日号)にも紹介されました。

13頁「くらしとけんこう」のコーナーに掲載されています。 チェックしてみてくださいね。

こちらからも見れます→ 各務原市の広報最新号(2019年10月15日号)

s各務原広報表紙20191015

創建では手すりの取付や段差の解消、開き扉を引戸に・・といった

バリアフリー改修工事も受けてますので、お気軽に相談くださいね。

 

カテゴリー:

2019年10月18日

月別

新着情報

カテゴリー

  • イベント紹介
  • 見学会の案内
  • リフォーム特設サイト
  • お問い合わせ

トップに戻る