FPの家とは

~高性能×自由設計で理想の暮らしを実現~
FP”独自のウレタンパネル”により
365日快適に過ごすことができます。
「FPの家」は気密性・断熱性・遮熱性の
全てにおいて快適な暮らしをお届けします。
”夏涼しくて冬暖かい”それが「FPの家」です。

FPの家の3つの特徴

①自由設計で想いを形に
独自の高性能なウレタン断熱パネルが理想の室内空間設計を可能にします。たとえば吹き抜けや大きな空間を作っても、高い断熱性能で暖かく快適に過ごせます。
性能が高いからこそ、本当に自由な設計が叶います。
お客様の想いにとことん寄り添い、理想の暮らしづくりをご一緒に追究します。

②魔法瓶のような高気密高断熱空間で快適
人間が健康で快適に暮らすことのできる環境は、夏で26~29℃、冬で19~22℃、湿度は40~60%くらいとされています。
「FPの家」を覆う独自のウレタンパネルが優れた気密・断熱性を発揮し、各務原の皆様に快適な暮らしをご提供します。

■屋根:特許を取得したFP遮断パネルを搭載(オプション)

■壁:独自のウレタンパネルを使用
柱と梁にウレタン断熱パネルを組み込み、優れた強度と耐久性を実現しました。
FPパネルは、壁倍率の国土交通大臣認定も取得。これは業界初となります。

■床:強度・耐久性が高く快適な床
床パネルと床板を密着させることで断熱性能を高め、底冷えを防ぎます。同時に、中長期の耐久性も担保しています。

なので、プラン段階で将来の光熱費を算出できます。
当然、数値の検査も行って、お客様には安心してご入居いただきます。

③災害に対する抜群の強さ
FPの工法の基本となる強い壁。この壁が地震による揺れを抑え込みます。同時に、燃えにくいウレタンを使用しており、火災への強さも証明されています。

■耐震性能
独自のFP軸組み工法にFPの壁を組み込むことで、一般の工法と比べて強い剛性を持った建物になります。実際に、一般の軸組み工法の建物の1.7倍もの壁の強度を誇っています(弊社調べ)

FPの壁は壁倍率の大臣認定を取得しています。これは、硬質ウレタンフォームが主要な耐力構造として認められた業界初の事例となります。

■火災への強さ
FPの家で使われている硬質ウレタンは発火温度が高く、酸素も含まれていないため、非常に燃えづらい素材となります。
このように、実際の燃焼実験でも、表面が炭化するだけでそれ以上に燃え広がることはありませんでした。

■水害への強さ
FPパネルで囲まれたFPの家は気密性が高く、室温を一定に保ったり光熱費を抑えたりする効果があるのと同時に、水害時には家の中に水が浸入するのを防ぎます。
実際に、全国のFPの家では、水害時に浸水を免れたり津波の被害を最小限に抑えたりした
事例が報告されています。
FPの家の実例は、動画からもご覧いただけます

https://www.fpweb.tv/archives/17/